【化学】周期表からはじめよう! | 大阪の塾探し専門サイト【良い塾探しドットコム】

大阪の塾探し専門サイト「良い塾探しドットコム」ロゴ

大阪府の学習塾・予備校情報/進学情報提供サイト

会員登録/ログイン

大阪府の塾情報
現在4100

学校進学情報
現在114

良い塾探しのおすすめ高校

【化学】周期表からはじめよう!

1,341 ビュー

記事公開日 2019/07/25 最終更新日 2019/08/07

周期表を使った化学の勉強方法!

良い塾探しドットコム運営部が科目別にオススメの勉強方法をご紹介します!
本日のテーマは『化学』です♪

化学の勉強方法は?

こんにちは、良い塾探しドットコム運営部です。

化学を詳しく学ぼうとしている高校生のみなさんの中には、化学は”暗記する”科目であると思っている人も少なくないでしょう。
化学式や反応式、そして反応が起こる条件などの中には、たしかに暗記に頼らざるを得ない知識もあります。

しかし、効率的に賢く化学の知識を深めるためには、もっと有効な方法があることをご存知でしょうか?

周期表をじっくり眺めてみよう!

効率的に賢く化学の知識を深める方法。
それは、《周期表をじっくり眺めること》です。

教科書の1ページ目には周期表が載っていますよね。
この周期表は、様々なことを私たちに教えてくれます。

たとえば、Na(ナトリウム)とK(カリウム)は、ともに周期表の一番左端つまり1族の元素ですが、性質がよく似ています
NaもKも最外殻に一つの電子を持っており、それを放出することによって、一価の陽イオンになりやすいという性質をもっているのです。

また、周期表の一番右端、つまり18族の元素(ネオンNeやアルゴンArなど)は希ガスと呼ばれ、オクテット則を満たしており、一原子分子として安定な状態となっています。

さらにもう一つ例を挙げると、周期表の右端から2番目つまり17族の元素(塩素Clや臭素Brなど)はハロゲンと呼ばれているグループです。
ハロゲンの特徴として、最外殻にもう一つ電子が加わることで、希ガスと同じようなオクテット則を満たすことから、電子を一つ取り込むことで、一価の陰イオンになりやすいという性質があります。

これらの例からわかるとおり、同じ族の元素は性質がよく似ているのです。

周期表をマスターして化学式を書くと…

これを知っていると、化学式を非常に簡単に書くことが出来るようになります!

一価の陽イオンA+と一価の陰イオンB-は、ABというイオン化合物を作ります。
また二価の陽イオンA2+と一価の陰イオンB-は、AB2というイオン化合物を作ります。

このように周期表を知り、同じ族に属する元素がどのような性質を持つかを知ることが、化学式を記述する上でとても役に立つのです。

化学を”暗記せず”に効率的に学びたい方は、ぜひ周期表をじっくりと眺めてみてはいかがでしょうか?

カテゴリ・タグ:
  • 高校生向け
  • 大阪の塾を探すならコチラ

    良い塾探しドットコム

    この記事を読んだ人はこちらの記事も見ています

    コメントは受け付けていません。

    カテゴリ

    人気記事

    関連記事

    月別バックナンバー

    (C)大阪の塾探しなら | 良い塾探しドットコム All Rights Reserverd.

    良い塾探しドットコム